マトリョーシカ職人 norikome

佐藤典子さん(マトリョーシカ作家)

主なお仕事や活動内容について教えてください。

オリジナルのマトリョーシカを製作&販売しています。オーダーも承っています。

あなたが「おうえん」したいのは、どんな人、もしくはどんなことですか?

オリジナルマトリョーシカブランド「norikome」が沢山の方々に知ってもらい、沢山の方々から愛されること。

 

具体的にどんな活動で「おうえん」したいですか?

SNSなどを使っての広報活動。「旅するマトリョーシカ」という企画(旅をする方にnorikomeのマトリョーシカを持って行ってもらい、旅先でのマトリョーシカの写真を送ってもらい、それをSNSで投稿)をしています。

 

なぜ「おうえん」したいと思ったのですか?

自分自身の福業(⬅︎敢えてこの字です)のためです。趣味としてマトリョーシカを作っていましたが、それがお金になるなんて思ってませんでした。ところが、同僚の結婚10周年い祝いでプレゼントしたところ大変喜んで下さり「お金になりますよ」と言って下さいました。その言葉が嬉しくて、「作って売る」事にしました。まだまだ駆け出しですが、楽しみながらお小遣いがもらえる日々は充実しています。そんな思いで作ったマトリョーシカの事、norikomeというブランドの事を多くの方に知って貰いたくて、この企画に参加させて貰いました。

 

現在の課題と、どんな「おうえん」があるといいかについて教えてください

課題は、なかなか多くの方に知ってもらうチャンスがない事です。例えば結婚式でのウェルカムドールとして新郎新婦の似顔絵マトリョーシカを作ることもできますが、残念ながらまだオーダーがありません。もっと多くの人に知って貰いたいです。また、色々な面白い事をしている方々とコラボが出来たら嬉しいです。

 

あなたが「おうえん」できることは何ですか?
  • 人を繋げるサポート

 

「おうえん家」として、これから一歩を踏み出したい人へのメッセージをお願いします。

まずは「宣言する事こと」からはじめましょう!

「◯◯をやります!」と宣言しちゃうと、周りから「◯◯どうなってる?」と聞かれます。それが、いい意味で自分への圧になります笑笑。それが「おうえん」と感じられればこっちのもの。あとはその勢いで始められます。何事もやり始めるまでが一番エネルギーを使うので、やってしまえばあとは周りのチカラを借りて楽しみながら回すだけです。やるかどうか迷う時間があるならやってしまう。そこから考えてみるのも良いのでは…と、石橋を叩かないでど真ん中を大股で歩くタイプの私は思います(*⁰▿⁰*)

【名前】佐藤典子
【主な活動場所】東京
【仕事・活動】オリジナルマトリョーシカの製作&販売
【Facebook】https://www.facebook.com/nrkst.fight.tohoku

3+

関連記事

  1. 阿部喜一【ブロックチェーン技術を用いた次世代型銀行のCRO】

  2. 大塚しず子さん(ナースセラピスト)

  3. 中島弓枝【カラーメンタリング】

  4. 斉藤なおえ【毎日ごはん研究家、食のお話しアドバイザー】

  5. 伊藤てんごくさん【起業/副業したい, メディア(テレビ/ラジオ/出版), クリエイター】

  6. 宍倉朋子【セミナーなどの招致、 関西でスイーツお茶会のアテンド】

  7. 【対談】宝地図提唱者 望月俊孝さん

  8. 【おうえんフェス登壇】内藤勲さん(個人ビジネスのファン作りサポート)

  9. 高島たかこ【子ども英語教室講師、ハンドメイド作家】