【対談】宝地図提唱者 望月俊孝さん

イメージの力で感情を行動に繋げる「宝地図」

高田
高田
みなさん、こんにちは。おうえんフェス代表の高田です。本日は、スペシャルなゲストにお越しいただきました。宝地図の提唱者、望月先生です。よろしくお願いいたします。
イェーイ!よろしくお願いいたします。
望月さん
望月さん
高田
高田
よろしくお願いいたします。
みなさん、宝地図ってご存知ですかね?夢を叶えるためのワークで、日本全国で本当に多くの方が実践されていて、関連書籍も30冊以上出ているものです。
そうですね。
望月さん
望月さん
高田
高田
ということで、まさに、これから何か活動していこう、行動していこうという人を応援し続けてきている、そんな望月さんにお越しいただきました。よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!
望月さん
望月さん
高田
高田
ありがとうございます。最初に、簡単に宝地図ってどんなものなのか教えていただけますか?
百聞は一見にしかずといいますので、これです。(後方に飾っているボードを指して)
望月さん
望月さん
高田
高田
お!見てください。
目標を紙に書くとき、だいたい文字で書くじゃないですか?
でも、今言ったように100聞は一見にしかず。言葉で100回聞くより、一度見ちゃった方がイメージがパワフルなんですね。なぜイメージがパワフルかというと、イメージは感情に訴えかける。訴えかけるだけじゃなく、行動に出ちゃう。だから結果が出ちゃう。紙に目標を書くよりはイメージをバーンと出しちゃったほうが100倍入ってくる。100倍感情が動いて、行動ができるんだよ、ということなんですよね。
望月さん
望月さん
高田
高田
すごい!実際に宝地図を作った方って、どんな成果が出ていますか?
ありとあらゆるものが、ありますね。わかりやすいもので言うとダイエット。億万長者になるとか。30年間パートナーがいなかったのが、宝地図を作って1週間ぐらいでできちゃうとか、そんなものがありますね。もちろん、たまたまということもあるでしょう。でも、その割には事例が多いということですね。あなたが叶えたいと思っているものが、例えば金星に行きたいなどは物理的に無理でしょうけど、それ以外ならほぼ叶うと思ってもらって良いと思います。
望月さん
望月さん
高田
高田
へえ~!すごいですね!
面白いのは、すでに夢を叶えている人に限ってやるところです。本田健さんとか、竹田和平さんとか。逆に、お前必要だろって人に限ってやらない。
お金がないという人もいますが、お金なんてかからない。
家に冷蔵庫あるでしょ?冷蔵庫の貼り紙全部外して、そこに手に入れたいものとか、行きたいことか、なりたい理想の人とか貼る。それだけですからね。
望月さん
望月さん
高田
高田
誰でもできますね。今すぐできる。
できますね。時間がないとも言うけど、本田健さんや、日本一の億万長者だった竹田和平さんの方が、ずっと時間がない。言い訳です。時間は作れ!っていう話ですね。
望月さん
望月さん

夢を叶えるための“本当のおうえん”とは

高田
高田
今回は「おうえん」というテーマでお話を伺いたいんですけど、宝地図と「おうえん」って、何か重なる部分はありますか?
まあそうですね、ほぼそういう感じですね。
1人で夢を叶えようとすると、スケールもスピードも10分の1、でも、みんなで叶えようとするとスケールもスピードも10倍になります。10倍って大げさに思うかもしれませんけど、10人で協力するんだから、10倍になるのは当たり前じゃないですか。逆に言うと、あなただけが億万長者になろうとかではなく、多くの人に貢献しようという想いがあったら、10人に働きかけようと思いますよね。つまり志ですね。ここでは、「夢」と「志」を同じような意味に使ってますけど。「おうえん」こそ夢を叶えるポイントといっても良いですね。
望月さん
望月さん
高田
高田
お!なるほど。
人によって、「おうえん」の定義って違うと思うんですけど、望月さんにとって「おうえん」とは、どういうイメージですか?
そうですね。「おうえん」とは、本当に魂しいと魂の輝き合い、みたいなもんですね。
応援って言ってるけど応援にならない物ってあるんですよ。例えば、お金がない人にお金を恵むっていうのは、応援にはならないんです。
望月さん
望月さん
高田
高田
あ!
お金のない人に対しては、お金の稼ぎ方を教えるってのが応援になる。
望月さん
望月さん
高田
高田
深い。
ですよね。海外に支援するにしてもそう。
じゃあ「応援って何?」というと、その人の魂が成長する、そして継続的に成功するためのサポートをすることです。一時的にお金を与えるっていうのは全然応援じゃない。
だから、本当の夢はなんなのかを考えなくてはいけない。本当の夢を「成功指定席」って僕らは呼んでるんですけど、その人が絶対に生まれながらにやることを決めてきた使命ってあるんですよね。それを応援することが本当の「おうえん」です。そうではない、2番目3番目の才能を応援しても、それは、応援にはならない、むしろ横道に導いてしまう。
望月さん
望月さん
高田
高田
確かに。
だから、本当に自分が応援して欲しいものは何なのかを考えなくてはいけないし、応援する側も、勝手にお金をあげていれば良いでしょ、時間をあげたら良いでしょではなく、本当に相手との魂と魂の語り合いをすることによって、わかってくるものなんですね。
望月さん
望月さん
高田
高田
なんとなく困ってることって、結構表面的な問題だったりしますよね。それを、ぱっと支援するのは、応援じゃないと。
そうですね。その人は困る必要があるから困ってるわけで。
例えば、僕が借金6000万円を抱えたときに、親が助けてくれようとしたら、今の僕にはならなかった。そのとき、お金がないってことは、お金を作ることを学ぶ必要があったんです。時間がないときには、時間をどういうふうに効率的にやるかを学んだんですね。
それをお金も時間も与えっちゃったらどうなってたかというと、多分、今高田さんとこうして、応援のメッセージを届けることもできなかったと思いますよ。
望月さん
望月さん

土砂降りの日に、応援してくれる人

ちょっとプライベートな話かもしれないんですけど、今まで望月さんが活動されてて、一番「応援されたな」と思ったのはどんなときですか?

高田
高田
ちょっとプライベートな話かもしれないんですけど、今まで望月さんが活動されてきて、一番「応援されたな」と思ったのはどんなときですか?

いやー!
晴れの日、晴天の日に応援してくれる人はたくさんいる。でも雨の日、特に土砂降りの中で応援してくれる人少ないんだ。だからね、土砂降りの雨の中で応援してくれた人には本当に応援されましたね。
何人かいますけど、代表的な人は2人。1人はうちの奥さん。まあ当たり前ですけど、運命共同体ですから。そして、あと1人が本田健さんという、今800万部の大ベストセラー作家です。彼とは、お互いに土砂降りの雨のときに出会って、彼は、自分の片方をずっと雨に濡らしながら、傘を差し出してくれたんですよね。ほんとにね、ありがたかったですね。
望月さん
望月さん
高田
高田
それも、一時的な支援とかじゃなくて、ほんとに望月さんのこと考えて。
そうですね。お互い土砂降りの雨のときに応援し合うってことは、その後もずっと応援し合いやすくなりますよね。僕も、波の激しい人生を送ってますからね、映画にしたいくらいの(笑)。
望月さん
望月さん
高田
高田
絶対ストーリーありますよね!さっきの6000万円の話とか。
すごい頂点のときに寄ってきて、下がるといなくなる。もちろん僕の人徳のなさですけどもね、そういったことは多々ありました。そんな中で、僕のことをずーっと支えて応援してくれたというのは、本田さんはやはり人格者ですよね。
望月さん
望月さん

自分の夢を明確にするためには

高田
高田
目先の何か困ってる人って多いと思うんですけど、そもそも志とか夢が明確になっていなくて困ってる人もたくさんいると思うんですよ。
あ~。多いですね。
望月さん
望月さん
高田
高田
そういう意味で、その人の魂が本来持っているものを表現しようよというのが、宝地図ということなんですよね?
そうですね。宝地図は作ることが目的じゃなくて、宝地図と対話してくんですよね。
望月さん
望月さん
高田
高田
対話!
本当に自分はこれがやりたいの?と。理想の自分が未来にいて、その未来の自分と対話していくんですよ。「ちょっとこれ違和感あるんだけど」「そりゃそうだよね」「ちょっとずれてるからね」みたいなことがあるわけですよ。
理想の自分っていうのが難しければ、ある意味あなたが理想としてる神様みたいな存在や、メンターみたいな存在がどんな提案をするか。
今の人生で波があるとしたら、それはネタになるんです。ネタがあるからこそ、乗り越えたときに苦しんでる人たちに、勇気や希望を与えられて、「おうえん」できるんです!
望月さん
望月さん
高田
高田
さすが!!
そして、応援された時のありがたさがわかります。
望月さん
望月さん
高田
高田
確かに。ありがとうございます!

応援される人になるための秘訣について伺った第2話は、おうえん家限定配信!

高田
高田
後半は、より応援されるにはどうすれば良いか、より応援できるようになるにはどうすれば良いのか、そして、もっと夢を形にするには、どういう工夫をしたら、夢が加速するのかなというお話を聞かせていただきたいと思います!
これシリーズにならないの?次で終わり?(笑)じゃあ凝縮して話すよ!
望月さん
望月さん
高田
高田
では、よろしくお願いいたします。お楽しみください。ありがとうございます。

 

この続きは、おうえん家の皆さん限定で公開します!
おうえん家の方はお楽しみに!

(配信は、おうえん家限定メルマガ等でお知らせいたします!)

 

 

 

 

0

関連記事

  1. 全国応援の旅! インタビュー 030 小笠原隼人さん

  2. 全国応援の旅! インタビュー015 観元眞人さん

  3. 全国応援の旅! インタビュー080 つぼいみきさん

  4. 全国応援の旅! インタビュー069 八木橋秀一さん

  5. 木村優子さん【シェアキッチンの運営と作り手さんの支援】

  6. まーさん(整骨院)

  7. 浜辺陽一郎さん【弁護士として32年、国際ビジネス、企業法務に携わり、 多くの著作と講演セミナーをこなす青山学院大学教授】

  8. 全国応援の旅! インタビュー059  渡辺健一さん

  9. 【おうえんフェス登壇】大東めぐみさん(女性起業プロデューサー)