【レポート】8/24 おうえんフェス夏の大交流会を地域おうえんbashとコラボ開催

おうえんフェス夏の大交流会を地域おうえんbashとコラボ開催しました!

こちらは、
1周年をむかえた記念回第10回地域おおうえんbashとおうえんフェスが共同開催したものです。

会場・zoom参加で、関東はもとより
北海道・東北から関西・四国・九州まで広がる多地域・多様な方々にお集まりいただきました!

主催者挨拶では開催に関わるさまざまな団体の紹介とともに会がスタート。
関係団体の詳細はこちらをご覧ください

冒頭で、おうえんクエストの説明がなされ、さっそく交流がうまれました。

トークセミナーでは
【関係人口~複数の地域への関わり方~】と題して

おなじみおうえんフェス高田洋平代表がファシリテーターをつとめ、
おうえんフェス山下翔一会長、おうえんフェス大倉昌子新代表がスピーカーとして登壇しました。

おうえんフェスとは、のご案内ののち

高田代表から山下会長へ
「なぜ、月の半分は地方へ行く、そんなに全国をめぐるライフスタイルなのですか」

そして、大倉新代表へ
「浜松で活動していてもよさそうだけど、ママとしての家事や育児もあるなか
わざわざ東京でも活動するのはなぜなのですか」と素朴な質問が投げかけられるなど、

●日頃全国や多拠点で活動する視点・原動力
●地域課題を解決する手掛かりとキーパーソン
●複数の地域に関わる魅力
について話題となり、三者三様の経験や実感こもったエピソードやアイディアを会場内で共有しました。

時折、会場からの質問もあり、会場内が一体となった双方向のやりとりもありました。

続けて
おうえんフェス2020活動案内として
・おうえんフェス開催 とならび
・東京オリンピックパラリンピックを契機に継続的に応援しあう「応援村」おうえん構想
・おうえんサロン   の発表 へ。

サロンで日常におうえんを感じながら国家プロジェクトのおうえんも!
壮大な計画とあわせた身近な計画に早くも「おうえんサロン、入りたい!」の
嬉しいお声をいただきました。

そののち、お待ちかねの大交流会へ。

おうえんクエスト体験の続きも繰り広げられ
あちらこちらから「おうえんします!」と聞こえてくる楽しい時間はあっという間でした。

会終盤は、PRタイム、
会場とつながるzoom参加者からおうえんクエストでのアウトプット発表、
閉会の挨拶となりました。

お子さま連れの方、
お仕事仲間とご一緒に、
ドキドキしながらお一人でご来場、
熊本、香川からzoomにて など
多様なスタイルでの賑やかな会に。

おうえんサロン立ち上げメンバー募集・
おうえんクエスト開催情報のご案内、
応援村の続報など順次お届けしてまいります。

ご参加のみなさま、
開催にあたりご協力ご支援くださった方々、ありがとうございました!

いつでも、どの地域でも、どなたにも、おうえんが身近になりますように、

前述のとおり、おうえんフェスは代表二名による共同代表となり「おうえんを文化に」
をより加速してまいります。

引き続き、おうえんフェスをよろしくお願いいたします。

0
The following two tabs change content below.
代表大倉まさこ

代表大倉まさこ

おうえんフェス代表  おうえんフェス2019事務局長として企画・運営・広報に奔走後、高田代表とともに共同代表へ就任。さらなる「おうえん」の可視化に意欲を燃やす41歳。家族とのおうえん合戦がエネルギーの源、二児の母。 静岡県浜松市を拠点に、名古屋・東京でも、言葉の力で豊かな人生に導く話し方講師・イベントプロデューサーとして、4年間で3000人のクライアント(多くはママ)の自分軸回復に貢献中。 自分の人生は自分でデザインできる!自分の可能性を信じて一歩踏み出すひとやチームの応援が、私の喜びです。

関連記事

  1. 《重要》おうえんフェス2019 in ヒカリエの楽しみ方

  2. 結果発表!おうえんフェス2019ウーマンドリームアワード

  3. 自分ブランドフェス2019、ブース出展します!

  4. 《重要》おうえんフェスの楽しい応援の仕方

  5. おうえんフェスの準備がとまらない!

  6. おうえんフェス2019 Special Thanks

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。