離婚後も子どもにとって親はふたり/離婚後の子育て相談・共同養育コンサルタント

しばはし聡子【お子さんのいるご家庭での離婚相談業務、面会交流支援】

主なお仕事や活動内容について教えてください。

お子さんのいるご家庭での離婚相談業務、面会交流支援(離れて暮らす親と子どもが会う時の付き添いなど)を行っています。 また、離婚しても両親が子育てに関わる「共同養育」普及に向け、講演・執筆活動などを行ってます。

あなたが「おうえん」したいのは、どんな人、もしくはどんなことですか?

・子連れ離婚しワンオペ育児で忙しく大変な思いをしているシングルマザー。
・親の離婚で離れて暮らす親と会えなくなってしまった子ども。
・別居・離婚後、子どもに会えなくなってしまっているパパ。

 

具体的にどんな活動で「おうえん」したいですか?

ご相談に来られる方へは個別に応援。 社会に対しては、共同養育することのメリットをメディアやSNSで発信していくことを通して応援していきたいです。

 

なぜ「おうえん」したいと思ったのですか?

私自身が子連れ離婚経験者だったからです。 離婚後、元夫と関わりたくないが故に子どもと父親を引き離していました。その間に子どもの気持ちは壊れていきました。 子どもと父親を会わせるようになると、みるみる子どもに笑顔が。私自身も乗り越えることができ非常に楽になりました。

この原体験をもと強く感じるのは、離婚しても元夫婦が親同士として関わりが続くことを「離婚前」に知っていることの大切さ。 子どもに辛い思いをさせないためにも、子連れ離婚を迷っている方へ伝えていきたいと思っています。

 

現在の課題と、どんな「おうえん」があるといいかについて教えてください

今の社会は「離婚するとひとり親」が前提で、ひとりで育てるための経済支援や就労支援に特化しており、離婚後も両親が子育てに関わるための支援がないのが課題です。 行政が離婚届の用紙を渡す際に、お子さんがいる家庭には「離婚しても親との関わりは大事ですよ」と一言添えることができれば、離婚家庭の子どもが救われると思います。

 

あなたが「おうえん」できることは何ですか?
  • 人を繋げるサポート
  • 夫婦問題・離婚相談

 

あなたが興味、関心がある分野は何ですか?
  • フリーランス/経営者
  • メディア(テレビ/ラジオ/出版)
  • 女性支援
  • SDGs

 

「おうえん家」として、これから一歩を踏み出したい人へのメッセージをお願いします。

子連れ離婚で悩んでいる方へ。 離婚しても親子は親子。親としての関係も続きます。 離婚しないのが一番ですがやむを得ない場合は、共同養育という方法があることを知るきっかけになれば幸いです。おひとりで悩まずご相談くださいね。

 

 

【名前】しばはし聡子
【主な活動場所】東京都
【仕事・活動】お子さんのいるご家庭での離婚相談業務、面会交流支援

 

0

関連記事

  1. 木村優子さん【シェアキッチンの運営と作り手さんの支援】

  2. 【おうえんフェス登壇】平本あきお(金メダリストコーチ)

  3. 中島弓枝【カラーメンタリング】

  4. 宍倉朋子【セミナーなどの招致、 関西でスイーツお茶会のアテンド】

  5. 佐野知子【カラーセラピスト講師・選挙のウグイス嬢】

  6. 【おうえんフェス登壇】飯村久美さん(ファイナンシャルプランナー)

  7. 鈴木里花【3か月で英語上達を実感できる英語コーチング】

  8. 【おうえんサロンメンバーインタビューVol.3 菅澤佳ノ花さん】

  9. 【おうえんフェス登壇】中橋佐知子さん(夢を叶えるプロ)