【100チャレ】松島千尋さんインタビュー

ライターの高島たかこです。

おうえんサロンで主催した100チャレモニターに参加してくださった
松島千尋さんに今回インタビューをさせていただきました。
100チャレビフォーアフターや今回のチャレンジで得たことを中心に
ご紹介させていただきます^^

 

松島千尋さん ビジネスの成長への100チャレ


100チャレを通じて自分のビジネスの成長を目標に、挑戦しました。

松島千尋
神意識マーケッター・スピリチュアルプロモーター代表

潜在意識の使い方を変える「神意識」と、一生稼げるビジネス構築力を身に着けるための「神速覚醒マスタープログラム」を主宰。
ビジネスを全くやったことのないクライアントが初月売上40万円達成、既にビジネスをしているクライアントは月商300万円、500万円、1,000万円と売上の桁を更新し続けている。

また、LINE自動化構築や動画クリエイターの経験を活かして、神意識×クリエイティブ力を生かした「スピリチュアルプロモーター」を養成し、コンテンツホルダーの売上を支える活動もしている。

100チャレBEFORE
▪️行動してると周りからは言われるけれど自己評価は違った
▪️実は継続が苦手ですぐサボってしまう
▪️他者評価と自己評価のギャップを埋めたいと思っていた
▪️人と一緒に取り組むことで行動力が上がることは知っていた
▪️自分に負荷がかかった状態でしか行動力を上げることができなかった

100チャレAFTER
▪️前半の目標をすぐに達成することができた
▪️後半の未達成を分析し自分の行動できない理由がわかった
▪️行動できない部分の細分化ができ、途中からリベンジすることができた
▪️自分がやらなくてもいいタスクを外注することに成功し負担が軽減!
▪️自分の行動と成功パターンがわかり行動コストを見直すことができた

 

行動することへの苦手意がまるまる負荷となっていた過去

今回私はビジネスの集客目標を掲げて、
前半と後半にわけて主に2つの目標達成を目指して100チャレに参加しました。

100チャレ参加の前後を比べてもわかるように、
もともと行動力がゼロではないものの、
自己評価が伴っていなかったり、継続することが苦手意識があったり、
何か目標をクリアしたいと思った時には、負荷がかかった状態で取り組むことが多かったんです。

そんな私は、100チャレに出会う前からも、
基本的には「一人でやらない」という意識を持ち、
逃げ場ができないように工夫したり、妥協しない環境を作っていました。

誰かとやることで自分自身に負荷がかかるので、
一人でビジネスするよりも、行動できる気がしていたんです。

でもずっと負荷がある状態で動くため
行動しなきゃ! というプレッシャーは継続することの負担になっていた
と思います。

 

失敗こそが学び?!今までのパターンがダメだとわかった経験

今回振り返ってみると、実は達成できなかった時の学びが大きかったです。

チャレンジなので、本当は達成した! という
喜びを伝える方がいいとは思うんですけど(笑)。
達成できなかったことの方に、やってよかったなって思うことが詰まっていました。

今回のチャレンジで私は前半と後半で、
「2つのプログラムの集客の目標を達成する」という設定をしました。

人数で目標設定をしてみようと試みた中で、
前半はビジネスパートナーとのプラグラムがあり、
その集客を今月中にあと10人という感じで目標を決めて、それは早くも達成!

でもその達成は、私にとっては割と無理な目標だったというか、
自分にとって結構頑張らないといけない目標でした。

つまり今までのパターンと同じ、自分に負荷をかけて行動するパターンだったんですね。

すると後半は、私個人のプログラムの集客を頑張ろうと思っていながらも、
前半に力尽きて、なかなか進まなくなるという結果に。
そこで自己認識の甘さの再確認をすることに!

でも、もうダメだというタイミングで、
泉さんの「プロセス設計」で細分化してもらう相談をしてみたら、
しなくていいタスクがめちゃくちゃあることに気がつきました。

私は今回、このプロセス設計で変化することになるのです。

 

まで自分に負荷をかけることで行動していた私にとって、
このプロセス設計で気がついたのが、
「これもやらなくていい」「あれもやらなくていい」ということがたくさんあるということでした。
タスクを可視化してみたら、外注したらいいことがどんどん見えてきたんです。

プロセス設計後にいろんなことを振り分けてみたら、
私自身が動かなくていいタスクは外注さえしてしまえば、
そこに
行動コストをかけなくてもいいことがわかり、
今までのような自分への負荷はゼロに

あとは私が先頭で頑張ればいいんだという仕組みができたのは本当に1番の収穫でした。
自分でできることとできないこと、
やるべきこととやらなくていいことを自己認識できたこと

本当に有り難かったです。


タスクを可視化して、どんどん託すことができるようになると、
私個人の行動コストの負担になっていたことが減ることになり、
さらには自分でやろうとしていたことさえも、
もっと細分化して外注できることで手放すことができる様になりました。

さらに労働負荷が減って、「人に任せることで上手くいく」
というスタイルに最終的には辿り着きました。

今までは仕事は自分でやるものという概念の中で動いていたんですが、
タスクを外注できることで、その方とチームメンバーとして、
その人に仕事のチャンスも与えることができるということもわかって、
みんなでいい関係になれることにも気がつくことができました。
それは本当に「プロセス設計」のおかげです。

今回上手くいかなかったタイミングでプロセス設計をしたことで、
今までの負荷のかかるやり方ではなく、自分の負荷を手放し行動できる方法
手に入れることができました。

さらにそれだけでなく、ビジネスを進める考え方にも変化が起こりました。

実は復活組?!リベンジできた理由とは?

ここまで聞くと私はとても優等生みたいですが、
そもそも毎日のワンチャレが始まった時に、実は乗り遅れていたんです(笑)。

その理由は、何をしていいのかわからなかったのと、
ワンチャレという「今日やることを宣言する」というのが
実は単純に苦手意識があったからで、モヤモヤしながらも過ごしていました。


途中何度か挑戦しようと思いつつも、
今更感あるかな?と思っていたところ、
泉さんから「今から復活してみませんか?」 という声かけがあり、
それを機にリベンジ復活を果たしました。


私がこの復活に乗っかることができたのは、今回の100チャレに限らず何でも、
「計画通りにいかないことがたくさんある」という考えがベースにあったかもしれません。
だからこそ、この提案には、乗っかってみようって思えたんです。

ワンチャレ自体も、宣言したのならちゃんとやらなきゃ! という
プレッシャーも最初はあったんですけど、
やれなかった時の自分を俯瞰して見ることで、見えてきたものもあったし、
「やらねばならない」みたいな価値観に縛られることなく、
いい意味で途中から「できた」「できない」で一喜一憂するのではなく、
これで見えてきたことを活かしていけばいいんだと思えて、気軽にできるようになったと思います。

 

成長したい人なら100チャレを!

今回私は、ビジネスの目標を立てて100チャレに挑戦しました。

でも私は、ビジネスに限らず、
自分の人生をもっと良くしたいと思っている人には
100チャレはおすすめだと感じています。

人って継続することって苦手な人が多いと思うんです。
だからこそ、継続できただけで何かが変わると思うし、
もし継続できなかったとしても、区切られた期間の中で
「できてるじゃん!」というところにフォーカスさえできれば、
絶対成長できると思いました。

もしビジネスにおいて成長したいという方がいるのなら、
成果が見えやすいので、より最適なプログラムだと思います。

今回100チャレで、自分に負荷をかけて行動するという方法から、
自分の負荷を手放し行動コストを軽くすることで、
ビジネスを加速させることに成功することができました。

さらには他者というプレッシャーではなく、
他者をチームとして巻き込むことで、
自分に余裕を生み出すことにも繋がりました。

いい意味での失敗もできた100チャレで
たくさんのことを得ることができました。
ありがとうございました。

次はあなたも100チャレしませんか?

あなたも松島さんのように100チャレに参加しませんか?
100チャレの内容はビジネスはもちろん!
ダイエットや片付けや料理や趣味・・・
なんでもOKです!

あなたの「行動」をサポートし
あなたの「やりたい」「なりたい」の実現を応援します!!

参加したい方は今なら第2回100チャレの
先行案内のお申し込みが可能です。

100チャレ先行案内はこちらから

 

 

 

 

0

関連記事

  1. 6/5(水)惣士郎さんによる特別セミナー・グループコンサル開催!

  2. おうえんフェス活動レポート22年2月

  3. やりたいこと見つけNight!!300名の大盛会!

  4. 未来に繋がる!山下さんのグルコン開催レポ!

  5. ミニマリストしぶと手放す『ステマツリ』〜みんなで捨てれば怖くない〜

  6. 【開催終了】おうえんフェス大忘年会2019 開催します!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。