結果発表!おうえんフェス2019ウーマンドリームアワード

ウーマンドリームアワードとは、40名をこえるエントリー者の中から選ばれたファイナリスト6名が渋谷ヒカリエの舞台で「夢・自分自身の思いのたけ」をたくさんの人の前で披露し、発信する場でした。【ウーマンドリームアワードの概要はこちら】

結果発表時の司会をつとめた、さいわいとみよさんによる「おうえんフェス2019ウーマンドリームアワード」の結果発表とふりかえりメッセージをご紹介します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

エントリーしてくださった方々が劣ることはなく、また登壇することになったファイナリスト6名が勝者というわけでもない。ただ、「おうえんの力」を集めた方がファイナリストになったという図式ともいえます。

おうえんされる力とは共感される力なのかもしれない。

ファイナリスト6名も舞台裏では緊張感が走る様子が伺えたけれども、舞台へ登場すると、それぞれの「華」が個性ともに映えていました。

そこに審査員長の平本あきお氏のコーチングによってさらに夢や想いが引きだれていく舞台となりました。

 

グランプリを選ぶ審査員と会場の参加者の方も同じく、優劣はつけ難く、またつけたくない気持ち。。決めては「自分はだれを応援したいか?」という自分自身が共感したという正直な気持ち。その数でグランプリが決まりました。

 

そして、結果は、審査員の「おうえん」というプレゼントがついた賞がそれぞれに贈られました。

 

「審査員賞」

・惣士郎賞:惣士郎さんのオンラインによる個別セッションのおうえんがプレゼントされる

贈られたファイナリストさん:松田 あやこさん

 

・柴冨ゆきこ賞:The Green World 主催カーボンオフセットランにおいて無料ブース出展権利のおうえんがプレゼントされる

贈られたファイナリストさん:太田 千代さん

 

・ 範田 遥洸賞:解呪セッション(全国で大人気のエネルギーワーク)のおうえんがプレゼントされる

贈られたファイナリストさん:しばはし聡子さん

 

・平本あきお賞:オンラインによる個別セッションというおうえんがプレゼントされる

贈られたファイナリストさん:木村 美也子さん

 

・山下賞:おうえんフェス会長、山下さんとランチコンサルというおうえん!

贈られたファイナリストさん:櫻井 はる枝さん

 

そして、「グランプリ」

最も共感を得たプレゼンテーターは「ちょねさゆさん」

審査員の票もほぼ拮抗する中で、彼女の東北支援への想いと、応援団である参加者の力がグランプリに導いた結果となりました。

彼女に贈られた「おうえん」は、ウーマンドリームアワード実行委員会による活動プロデュースとして2019年夏に行われる「おうえんLIVE」にて独演会への登場とそのバックアップをうけられる権利。

おうえんフェスから全面バックアップの「おうえん」が贈られました。

まさしく、おうえんフェスならではの、「おうえん!!」

この「おうえん」プレゼントを見ていると、来年は「私もあの舞台へ」と心が動いた人もおおいとおもうくらいの「やさしくて力強い贈り物」でした。ぜひ、2020年おうえんフェスはエントリーにチェレンジしてみてください♡

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

さいわいとみよさん、結果発表そして寄稿という「おうえん」をありがとうございました!

撮影協力:大杉和広さん
https://www.kazuohsugi.com/

0
The following two tabs change content below.
代表大倉まさこ

代表大倉まさこ

おうえんフェス代表 「オンラインイベントの教科書」著者 おうえんフェス2019事務局長として企画・運営・広報に奔走後、高田代表とともに共同代表へ就任。さらなる「おうえん」の可視化に意欲を燃やすアラフォーママ。静岡県浜松市を拠点に、名古屋・東京でも、言葉の力で4年で4000人30法人に貢献。年1000時間ファシリテーターをつとめる日々。自分の人生は自分でデザインできる!自分の可能性を信じて一歩踏み出すひとやチームの応援が喜びの源。

関連記事

  1. ラジオ生放送で「おうえんクエスト」は、できたのか⁉

  2. 惣士郎さんによる特別セミナーが開催されました!

  3. おうえんフェス2019 Special Thanks

  4. 【開催レポ】おうえんフェス忘年会2019、東京・浜松で開催!

  5. 【開催レポート】3/18 ママチア部Zoom交流会開催しました!

  6. 【開催レポート】3月第2週 ママチア部Zoom交流会開催しました!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。